アメリカに来て一番驚いたことは「医療システム」が日本と大きく違うということです。

 

アメリカで生活していて絶対に病気にならない、絶対に怪我はしない、

なんて言い切れないですよね。

 

しかも異国で医療を受けるとなると言葉の問題の不安のみならず、

請求される金額についても心配になるのではないでしょうか?

 

「もしアメリカで病院に行ったらいくら払うことになるんだろう?」

「アメリカの医療費は高い、高いというけれどもどれくらいなんだろう?」

 

と不安や疑問をお持ちのアメリカに留学予定の学生さん、

アメリカに移住を考えている方、アメリカ旅行を計画中の方の参考になればと思い、

「アメリカの医療」について、今日は私のアメリカでの医療体験を基に

その費用やアメリカ生活の現実についてのお話を共有させていただきますね。

 

アメリカの「かかりつけ医」ってどういう存在なの?!

 

日本では、体に不調を感じたときは、それぞれの症状に合った病院に行きますよね。

 

例えば、胃が痛ければ内科か消化器内科、

皮膚トラブルは皮膚科、眼のトラブルは眼科など。

 

そういえば、日本では色々なクリニックの診察券を持っていました。

 

そのときの不調によって、行く病院、診てくれる先生が

それぞれ違うというのが特長です。

 

それぞれの専門の先生に直接すぐに診てもらえるのは心強いですが、

症状によってはどの科にかかるのか、悩んだりすることもありますよね。

 

アメリカでは「プライマリードクター」というのが

いわゆる「かかりつけ医」「ホームドクター」の存在になるのですが、

日本と大きく違うことは、体のどんな不調であってもまずは、

自分のプライマリードクターに連絡をして診察の予約をします。

 

緊急を要する診察でない限り、予約は後日になることが多いです。

 

初めてプライマリードクターを選ぶときは、

自分が加入している医療保険のネットワークに入っている

医療機関を選ぶことになります。

(ネットワーク外の医療機関だと医療費が高額になる場合があるため)

 

プライマリードクターの仕事は主に、

病気の予防のための健康診断、病気の診断、

薬の処方箋、治療まで幅広く、対象の患者さんの体に

とことん付き合うというイメージです。

 

年に一度の健康相談も、このプライマリードクターが担当します。

 

まずはプライマリードクターに体の不調について

相談、診察、そしてプライマリードクターが、

他にも検査が必要だと判断した場合は、

検査できる施設、専門のドクターを紹介してくれます。

 

そのため、1回の診察で全てが終わらないことがあります。

 

急な診察を要しない限り、また日を改めて違う施設、

違うドクターの診察を受けることになるのです。

 

参考までに、先日の私の年1回の乳がん検診は10月8日がプライマリードクターよる問診と触診、11月5日がマンモグラフィ(別施設)と乳がん検診に1か月を要しました。

 

安心できることは、自分の体についてはまずは

プライマリードクターに相談すれば、

顔もお互い知っていて話しやすいので、

知らないドクターに初めて会って症状を説明するより

気分的には楽なのは確かです。

 

アメリカでも「Walk-inクリニック」と言って

予約なしで診察してくれる病院があります。

 

予約がないと、混み具合によっては、

待ち時間が長くなることを覚悟しなければなりません。

 

請求書を見て愕然!!アメリカの医療にかかる費用とは?

 

日本では医療費保険に関しては、自己負担3割だと記憶しています。

 

アメリカにおいて無保険で医療を受けた場合に請求される金額・・・

信じられない金額なのです。

 

友人のひとりが請求金額に愕然としていました。

 

急な体調不良でER(救急)へ行き、

当時は医療保険無加入(その後加入)といった状況でした。

 

「いくら請求きたと思う?」と尋ねてきたので

「20万円で収まればいい方だと思うけど。」と返事をしたら、

「大正解!!」してしまいました。

 

「実費で請求金額20万円」だったのです。

無保険でこの金額であれば、納得なのがアメリカの医療費事情です。

 

保険に入っていても、払わなくてはいけない医療費は高額です。

 

私の例でお話しますね、もし日本で同じ内容で医療機関にかかったら、

医療費はいくらなのか、ぜひ比較してみてください。

 

事例1

子供(6歳)が学校で転んで2針をWalk-in クリニック

(予約なしで診察してくれる、加入している保険ネットワークに入っている医療機関)

にて応急処置をしたとき

 

医療保険適用で、最終的に約150(約15,000円)ドル支払いしました。

 

子供が一人で転んだため、治療にかかった費用は全て親が支払うことになりました。

(怪我をしたのが学校であっても子供が自分でした怪我であり、学校側には責任はないとのこと)

 

事例2

子供(6歳)がトランポリンで遊んでいて左足首を捻挫。

 

腫れがひどいためWalk-in クリニックにてレントゲン撮影をしたとき

医療保険適用で、最終的に約110(約11,000円)ドル支払いました。

 

日本で住んでいた地域では、「こども医療助成制度」で、

自己負担0円だったのでアメリカで子供にかかる医療費は、

保険がカバーしてくれる部分があっても、やはり「ものすごく高い」と感じます。

 

事例3

私自身が、腰に鈍痛があり整形外科なのか婦人科なのかを相談しに、

プライマリードクターの診察を受けたところ、尿検査と、

念のために婦人科での超音波検査を受けることになったとき

 

加入している医療保険適用ありで、最終的に約400(約40,000円)ドル支払いました。

 

内訳は、尿検査が約100ドル、超音波検査が約300ドルでした。

 

事例4

私自身が口腔外科で親知らずを1本抜いたとき

 

まずは、かかりつけの歯科医に行き、

親知らずを抜くべきかどうか診断してもらいます。

 

歯科に関する医療保険は、他の病院で使う医療保険とは別で

「歯のための保険」に加入する必要があります。

(ちなみに眼科も別の保険となります)

 

そのため主人が会社で加入している医療保険A社とは別で、

歯のための医療保険B社に自己負担で加入しています。

 

親知らず“1本”を抜くのに歯科保険適用ありで

最終的に約450ドル(全身麻酔代と抜歯後のケアグッズを含む)

を支払いました。

 

アメリカでは自宅療養派が多い!病院は最後の砦的な存在?

 

お話した通り、アメリカの医療費は高額です。

これが無保険ともなると、想像を絶する金額を請求されてしまうのです。

 

実は、アメリカで自己破産をする人たちの6割が、

医療費が払えないことが破産理由だと言われているのです。

 

そう聞くと、医療費がどれほど生活費を圧迫しているのか想像がつきますよね。

 

そのため、頭痛や発熱、風邪くらいでは病院に行かずに

市販の薬を飲んで快復させるという人が多いのが現状です。

病院は、最後の最後にどうしようもなく辛いときに行く場所、

という感じなのです。

 

でもさすがに子供が病気となると心配になりますよね。

 

それでも、このまま様子を見るべきなのか病院に連れて行った方がいいのか、

病院に行っても「帰りにお薬買って飲ませてね。」と言われるだけなら、

行かなくてもいいか。と悩みます。

 

冬のインフルエンザに時期になると、当日の診察予約が取れず

「明日来てください」なんて言われることもあります。

 

そんなときは、プライマリードクターがいる同じネットワークの

医療機関にある「Walk-in クリニック」に行きます。

 

週7日、朝7時から夜7時まで予約なしで患者を受け入れていて、

ER(救急24時間体制)で処置するほど緊急性のない症状の患者

を受け入れている医療機関です。

ERよりも費用は安くすみます。

 

まとめ

 

いつ病気、怪我をするかなんて誰にも予想できないからこそ、

絶対に保険に加入して、いざというときに備えておくことを強くお勧めします!

 

アメリカには短期の旅行であっても、掛け捨ての旅行保険に加入する、

クレジットカードに付帯している保険概要を出発前に必ず確認しておくなど、

何かあってから後悔のないように万が一に備えて「医療保険対策」しておいてくださいね!

 

参考までに、アメリカの中でも特に医療費が高額だと言われている

ニューヨークの医療費をご紹介しますね!驚かないでくださいね。

 

無保険だった場合に盲腸の手術をしたら、575万円

保険がカバーしても自費で110万円

新車が買えてしまいますよね。

 

アメリカは医療費が高いです。

でも命に関わるような深刻なケースの場合は、

躊躇しないで医療機関に連絡してください!

命に代えられるものはないです。

 

ちなみに、救急車は有料です。

 

救急車を呼ぶとかかる金額は州によって違いますが、

参考までにお話すると、おおよそ・・・20万円です。

 

私のボスは体が大きいのですが(私の体重の2倍以上)、

「もし、自分が倒れても救急車を呼ばずに、みんなで病院へ担いで行ってくれ!!

三人いれば担げるだろう?」と言っているくらい、

救急車を呼ぶ費用を恐れています。

 

>>アメリカ人の平均寿命が日本人より低いその意外な3つの理由とは?

>>アメリカ人ハートを日本のお土産でキャッチ!人気お土産inUSA