私の夫が「アメリカ人」と初めて知った

日本人の方から、まず言われることは決まって、

 

「アメリカ人の男性ってすごく優しいし、レディーファーストだし、

“強い”って印象あるし、羨ましい。」

ということです。

 

実は私も、今のアメリカ人の夫と知り合って結婚するまでは、

「アメリカ人の夫」と聞くと、「優しい」「逞しい」「守ってくれる」などと、

とにかくポジティブな印象が強かったんですよね。

 

私が住んでいる地域では「アメリカ人の夫を持つ日本人妻の会」

のような集まりがあるのですが、みなさんアメリカ人のご主人の

「いいところ」のお話は積極的にされるんです。

 

これとは裏腹に、私と親友(アメリカ人の夫を持つ日本人妻)は

「こうだからアメリカ人の旦那って困る!」という

あまり表に出てこない話題(愚痴です、ハッキリ言って)を

ひたすらお互いにぶっちゃけトークして、

日本人妻としてのストレス解消をしていたりしています・・・

 

今日は「アメリカ人の夫を持つということはどういうことなのか?」

というお話を、「良い面」もあれば「これは頂けない面」の両方を、

本音でご紹介させていただきますね。

 

アメリカ人の夫と結婚する上での根本的な問題「言葉の壁」

 

アメリカ人に限らず「国際結婚」するカップルにおいて

「言葉の問題」は避けて通れないことかも知れません。

 

「言葉の壁」に関しては、個人的には様々なレベルがあると感じています。

 

例えば、

 

①日本人妻が「日常会話レベルの英語力」

②アメリカ人夫が「日本語ペラペラ外国人」

③日本人妻がアメリカ長期留学経験者で、ビジネスレベルの英語力

 

など、色々な英語のレベルがあると思うんです。

 

 

私の友人は日本人ですが、インターナショナルスクール出身なので、

日本人でも英語はネイティブ並みの発音でアメリカ人のご主人とも、

経済や政治などの難しい話もなんのそのという感じで、言葉の壁はありません。

 

そしてご主人は日本語も日常会話レベルであれば話せる、という

「何それ!理想的じゃん!!」

というカップルなんです。

 

私自身はと言うと・・・まだまだ英語に関しては自信がないんです。

 

ハッキリ言って、難しい話題(政治や医療系)については

英単語そのものを知らないということもあり、

調べないと会話できないジャンルもあります。

 

日常会話というか、「アメリカで生きていく英語レベル」は、

アメリカに移住して働きながら、少しずつ身につけたという感じです。

 

「愛があれば言葉の壁なんて」という前向きな考え方に対しては、個人的には

賛成も反対もできないという考えです。

 

なぜならば、将来移住する、永住する、子供が出来る、となると日本人妻には

「英語力」が求められるのが現状だと感じているからなんです。

 

こちらの記事では、ネイティブに近づく裏技的な英語をご紹介します↓

参考記事:アメリカ人に「おっ!」と思わせる粋な英語表現を身につけよう!

アメリカ人の夫を持つと「家族イベント」にフル参加が妻の条件

 

アメリカでは「サンクスギビング」「クリスマス」「母の日」などの

イベント毎に家族で集まってパーティーをするのが一般的です。

 

日本でいうと「お盆に旦那の実家に帰省する」「連休」「お正月」などに

義理のご両親と過ごす感覚に近いかな、と思います。

 

正直言うと、最初の数回のパーティーは「ザ・アメリカのホームパーティー」

という感じで、新鮮さもあり楽しかったのですが、ここだけの話、今は

 

「えーまた行かなきゃいけないの~」

と、心の中ではややネガティブになってきています。(夫には内緒)

 

ネガティブになり始めた理由なのですが、これは私の性格

(ややめんどくさがり屋)も大きく関わっているのは間違いないのですが、

ホームパーティーとは言え、進んで「お手伝い」

(これは日本でも同じですよね)をしなければならないのです。

 

もし我が家で開催するともなると、買い出しの量も半端ない、

(よく食べ、よく飲むアメリカ人ですからね)、料理にかける時間も必要、

費用は開催する家が負担することになるんです。

 

逆にお呼ばれしておじゃまする際には、手作りのデザート

(パイやケーキ)を持って行くことが一般的なので、

これもまた作る手間暇がかかるわけです。

 

アメリカ人の夫を持つということは、家族ぐるみでワイワイと

仲良くすることが「楽しい」と感じられる人には

ストレスにならないと思います。

 

そして、姪っ子や甥っ子にもクリスマスにはプレゼントを用意して、

ハイスクール卒業のときは、現金もしくは

ギフトカードをメッセージカードに添えて渡す・・・

 

もういくらお金があっても足りないくらいに

イベント尽くしなんですよ・・・

 

アメリカ人の夫は「俺が言うことが正しいだろ?」という考え方

 

もちろん同じ「アメリカ人の夫」と言っても、

色々な考え方や性格があると思うので、一概に

「アメリカ人の夫はこうだ!」と言えないのですが、

私がよく親友と意見が一致するのが、

 

「ほんとさ、アメリカ人の旦那って

“俺が正しいだろ?”って言う感覚が常にあるよね。」

 

ということです。

まず、アメリカ人は人の話をあまり聞かない、

というか聞いていても心の中に

「いや、正しいのは自分だ」

という感覚があると感じています。

 

アメリカ人の自己主張については

こちらの記事にも書いていますが↓

参考記事:アメリカ人の自己主張に学ぶ“自分の存在価値”を伝える方法とは?

 

アメリカでは小さい頃から

「自分の意見を持ちなさい」

と教えられるので、夫婦喧嘩になった際にも、

「あー言えばこー言う」という流れなんです。

 

しかも理論で攻めてくるので、結局言い合いになると

アメリカ人の夫には敵わないというか・・・

悔しいところです。

 

でも、「これだけは絶対に同じ意見でなければならない」

ということがあります。

 

それは「子供の教育方針」です。

 

「将来、どんな人間になってもらいたいか」

ということが夫婦で一致しているか。

 

スクールの成績に夫が目を通して

子供の勉強を手伝ってくれるか。

 

など、言い出したらキリがないのですが、

子供がイキイキと毎日を楽しく過ごすことができる環境を

作ってくれるアメリカ人の夫でないと、

一緒に生活するのは難しいのではないかと感じています。

 

まとめ

 

アメリカ人の夫との生活は、

様々なすれ違いがあるのも現実です。

 

それを「文化の違い」とか「育った環境の違い」と言って

片づけてしまうのは簡単なのですが、

やはり「夫婦、家族」という括りになると話し合いも必要ですし、

ましてや子供のこと、お金のことならなおさらしっかりと

答えを出すことが求められると思います。

 

最後に・・・

 

アメリカ人の夫には(夫に限らずアメリカ人全体的に)、

「謙虚」とか「空気を読む」というスキルはないですし、

相手からこれらを感じ取るスキルもないので、

自分の意見はしっかり伝えていきましょうね!