最近のニュースで気になる事件がありました。

 

皆さんはロマンス詐欺という言葉を聞かれたことはありますか?

他の言い方だと国際恋愛詐欺とも言われています。

 

この「国際恋愛詐欺」は、SNSが発展する現在、

社会的な問題になってきています。

 

「あ、あのニュースね!」

と思い出された方も多いと思います。

 

どんな事件だったか簡単に振り返ってみると、

2019年1月22日にナイジェリア人の男性4人が、外国の軍人を装い

「退役(軍を辞める)のにお金が必要だ」

などと女性たちを騙し、多額を送金させたという事件です。

 

この事件の全容が明らかになり始めると、

驚いたことがいくつかありました。

 

皆さんはこの事件に「え、何で騙されたの?」

という疑問はありませんでしたか?

 

今回の被害では、SNSを通じて知り合った相手に、

約600万円を送金したということです。

 

「いやいや、会ったこともない相手とのやり取りの途中で

『お金が必要だから』って、金銭要求されたら、

普通『この人怪しいわ』って、疑うはず。

 

そして連絡が取れないようにSNS上でブロックするのに。」

と思いますよね。第三者から冷静に考えてみると・・・

 

でも、この「国際恋愛詐欺」の被害女性は、

中高年が最も被害に遭っているそうなんです。

 

今回の事件で約600万円を送金した女性も

50代とのことです。

 

今日は、

「国際恋愛をしてみたいけれども、

会ったこともない相手に夢中になって国際恋愛詐欺、

ロマンス詐欺に遭わないか、自分自身が心配」

 

「SNSでメッセージが来て、

やり取りしている外国人がいるけれども怪しいかも」

 

など、

「国際恋愛詐欺に遭わないよう自分自身を守るヒント」

をお話していきますね。

 

ロマンス詐欺(国際恋愛&結婚詐欺)はどんな流れで進むのか?

 

今回、逮捕されたナイジェリア人詐欺グループの手口がこちらです。

 

①詐欺グループはインターネト上から他人の写真を入手。

②外国の軍人を装いフェイスブックなどのSNSでメッセージを送る。

③被害女性とメッセージのやり取り開始。

④被害女性に送金依頼をする。

送金の理由としては

「軍を辞めるのに金が必要」「会いたい」「日本に会いに行く費用が必要」

などです。

⑤被害女性が送金。送金には、国際送金やオンライン決済を利用することが多い。

 

シンプルな流れだと思いませんか?

こんなにシンプルなのに、なぜ騙されてしまうのか?

 

そこには、被害女性を「あたかも恋愛している」ように

錯覚させてしまう心理を上手く利用しているのです。

 

同じ女性としては、相手に恋する気持ちを詐欺に利用して

多額を騙すなんて腹立たしいですよね。

 

ロマンス詐欺(国際恋愛&結婚詐欺)は女性の心を操る心理作戦!?

 

では、もう少し詳しく「国際恋愛詐欺の流れ」

追ってみたいと思います。

 

皆さんも「私は絶対騙されない」という気持ちの反面、

「あーこんなこと言われたら、もしかすると騙されちゃうかも」

という被害者側の立場でも考えてみてくださいね。

 

①詐欺グループはインターネト上から他人の写真を入手

相手(被害者側)を警戒させないために、

子供の写真を合成して「子持ちの独身者」を装ったり、

被害者しか頼る人がいないという状況を作るため、

親族を亡くして「孤独である」などの悲話を作ったりもするようです。

 

また、信用させるために、他人のウエブサイト、

ビジネスサイトを見せたりもすることがあるそうです。

 

②外国の軍人を装いフェイスブックなどのSNSでメッセージを送る

メールや電話を使って交流を深めてきます。

 

③被害女性とメッセージのやり取り開始

ロマンティックな甘い言葉を連発して、被害者を

「あたかも恋愛しているような気分」にさせます。

結婚を約束する場合もあるそうです。

 

外国人と付き合っている「日本人女性あるある」なのですが、

外国人の男性から、自分のことをファーストネームではなく、

 

「Honey」「Sweetheart」「Sweetie」「Baby」「Beauty」

などと呼ばれると、胸キュン(ちょっと表現が古いかも?)

することが多いんですよね。

 

④被害女性に送金依頼をする

やり取りが始まって数日から数か月、時には1年以上経過してから、

 

「大きな仕事が入った」

「病気になった」

「退役する(軍を辞める)」

 

など、身辺状況が変わることが発生したと切り出し、

そのために「一時的に金銭を立て替えてほしい」

という状況を作り出す。

 

契約書を偽造したりして

被害者を信じさせるケースもあるようです。

 

⑤被害女性が送金

近いうちに日本に会いに行くことを示唆させておき、

会ったときに返金するなど約束します。

 

しかし、来日当日は事故が起きたなどと言い、

結局日本には来ないという結末。

 

そして、そのまま連絡が取れなくなるパターンもあれば、

詐欺グループ内で「友人」「弁護士」などと役割分担をして、

『恋人を救うため』と、さらなる金銭を

送金させる場合もあるそうです。

 

参考記事:アメリカ人に出会いたい人必見!経験者の秘密の方法とは?

ロマンス詐欺(国際恋愛&結婚詐欺)に騙されないための心構えとは?

 

これは私個人の意見なのですが、

SNSや恋愛サイトなどで異性と知り合うことに対して

異議はありません。

 

むしろ上手に使うことで、上手くマッチングして

運命の人に出会えることだってあるわけですから・・・

 

ただし、今回お話をしている国際恋愛詐欺に関しては、

やり取りの中で「冷静に考えればおかしい」

「第三者に相談していれば送金手前で気付いた」

ということもあるんですよね。

 

では、「国際恋愛詐欺」の被害者にならないためには、

一体どんなことに気を付けるべきなのでしょうか?

 

この「国際恋愛詐欺」は、一旦送金してしまうと

お金を取り戻すことは不可能だと言われいます。

 

もし、もし送金してしまったとしたら、大事なことは

「更なる被害に遭わないようにすぐに連絡を絶つ」ことです。

 

参考記事:国際恋愛&国際結婚|アラフォーならではのテクニックとは?

①検索サイトでチェック

SNSを通じて知らない外国人男性からメッセージが来たら、

「プロフィール写真」と「プロフィール」をコピペして

検索サイトで調べます。

 

全く同じプロフィールの文章が

ヒットしていないかをチェックします。

 

②こんな職業に要注意

国際恋愛詐欺の手口として、相手は自称

「米兵」「国際線パイロット」「医者」「ビジネスオーナー」など、

 

・給与と地位が高い職業

・世界を舞台にしている職業

・身近に何かが起きうる状況の職業

 

を名乗るケースが多いようです。

 

③Facebookでチェックできること

Facebookの友人が少ない、

もしくは友人は異性が多い場合は懸念します。

 

投稿に対しての「いいね」が極端に少ない

なども判断材料になります。

 

④警察に被害届

被害に遭った場合は、迷わずに警察に被害届を出してください。

 

この「国際恋愛詐欺」に対して、

の女性たちがどのような意見なのか

インターネット上でその意見を読んでみたところ・・・

 

・「男が好きな女性にお金をせびるわけがない。この1点だけが解かっていたら引っかかることはないだろうに」

 

・「軍関係者だと言われて、機密事項だけど君と僕だけの秘密にしておいて。なんて言われたら『私すごい人とつながった』って舞い上がる」

 

・「同じようにSNSで『多忙な医者』を名乗る外国人からメッセージが来たけど、興味本位で返信したら即効返事が来た。多忙な医者がマメにメッセージ返信できる時間があるわけないから、すぐにブロックした」

 

という意見があり、私も同じ女性として世の中の声に

賛成できる部分が多くありました。

 

でも、「恋は盲目」ですから

「まさか相手の男性に限って私を騙しているなんて」

という気持ちをこの国際恋愛詐欺

上手く利用しているのでしょうね。

 

だから別名ロマンス詐欺とも

呼ばれているのかも知れませんね。

 

ネットで以上のことに注意して、マッチングアプリを

楽しむようにしてみてください↓

参考記事:外国人とネットで出会い|マッチングアプリ&サイトBest3!

まとめ

 

2012年のFBI管轄のインターネット犯罪

申し立てセンターによると、

 

「全オンライン詐欺の約10%がロマンス詐欺によるもの。

被害者の30%近くが50歳以上の女性だった」

との報告があります。

 

知らない外国人男性からメッセージが届き、

まさか自分が被害者になるとは想像もせずに、

 

相手とのやり取りをしているうちに、

自分のことを褒めてくれたりして

それにより自信が持てるようになったことで、

相手に対しても「何かしてあげたい

という心理状態になるそうです。

 

そこで金銭にまつわる話が出てきてしまい、

送金してしまう・・・

 

少し冷静になれば「お金の要求なんておかしい」

「軍を退役するのにお金が必要って本当だろうか」

と、我に返ることが出来る瞬間があるのかも知れませんよね。

 

結局は、自分の身は自分で守るしかないのかも知れないですね。