アメリカに住んでいると「あ、そうか私アラフォーだな」

と我に返る瞬間があります。

 

アメリカでは、初めて会った人に対して

「年齢を尋ねること」はご法度なので、

周りも私に対して年齢を気にせずに接してくれています。

 

最近、仲のいい日本人の女友達と話していたのですが

(彼女は独身で42歳)

 

「外国人と結婚もしたいし、子供もほしい。

 

だから知り合う相手に対しては、相手と自分の将来図が描けるかどうか、

相手の仕事に対する姿勢や価値観、家族に対しての考え方、

子供が好きかどうか、老後はどうしたいのか・・・」

 

などを上手く会話で引き出しながら、

恋愛に発展してもいいかどうか判断しているそうです。

 

「それって圧迫面接じゃん!」

と、私は思わずコメントしてしまいました。

 

私は国際結婚して子供にも恵まれて、海外に住んでいます。

 

でも、もし今の年齢(43歳)で、独身かつ国際恋愛、

国際結婚願望があり子供も一人はほしい・・・

 

と強く希望しているのであれば、友人と同じように、

出会った相手に「圧迫面接」という名の

「真剣に付き合ってくれるかどうか」は絶対に知りたいよなあ・・・

と思います。

 

今日は「国際恋愛においてアラフォー女子が

するべきこと・気を付けること」という内容で

 

「国際恋愛を希望しているアラフォーだけど、相手の見極め方が知りたい」

「恋愛するなら外国人の彼氏に的を絞っているけれども、アラフォーだからこのまま結婚したい」

 

など、効率のよい国際恋愛を求めているアラフォー女子

の方々に参考になればと思います。

 

国際恋愛したいアラフォー女子がすべきこと「人生プラン」を考える!

 

厳しい言い方になりますが

(私もアラフォーなのでお気持ちは分かります)、

 

アラフォーともなると、人生の折り返し地点に来ている

ことは皆さんもお分かりだと思います。

 

今までの前半の人生は、ある意味過去の話ですよね。

過去はどんなに頑張っても変えられないのです。

 

でも、これからの後半の人生は、

自分の努力や考え方次第で

思い描いていたような人生を送ることが

出来るかもしれないのです。

 

国際恋愛をして、その先の国際結婚を

見据えているのであれば、なおさらもう一度、

 

自分の残りの人生をどのように過ごしたいのか、

何を最優先にしたいのかを見つめ直してみることが

大切だと思いませんか?

 

人生のゴールは何か、もう一度自分と向き合うことこそが、

国際恋愛で素敵な相手を見つけるための手段だとも思います。

 

国際恋愛の先にある、結婚、出産、

子供が大きくなったときにもう一度社会に出てバリバリ働くのか、

彼の国に一生住むかも知れない覚悟はあるのか・・・

 

など、今まで色々な経験をしてきたアラフォー女子だからこそ、

きちんと考えるべきことは自ずと分かってきますよね。

 

参考記事:赤裸々に語ります!アメリカで生活する「長所と短所」とは?

国際恋愛だからこそ彼氏の見極めは真剣かつ慎重に!

 

「あっ、この人運命の人かも・・・」

と外国人の彼氏に夢中になることを、私は否定はしません。

 

今まで仕事でもプライベートでも色々と経験してきた

アラフォー女子だからこそ、新しい出会いや、新たな恋によって

内面も外面も一段と美しくなれると思います。

 

冒頭でご紹介した私の友人(42歳・独身)ですが、

40歳のときに紹介で知り合った外国人と付き合っていました。

 

私の友人は「国際結婚」という近い将来を夢みていたのですが、

彼は年下ということもあり、「結婚はまだいいや」という考え方。

 

「そのうち気が変わるはず」

と2年間、この彼氏と国際恋愛をしていましたが

最終的には「結婚」という現実問題が

二人を別れさせてしまいました。

 

友人が言っていたことが

「40歳になってからの2年間はとても大事だった。

最初にきちんと彼に自分の気持ち(結婚を視野に入れている)

ことを伝えて見極めるべきだった。」

ということです。

 

アラフォーで国際恋愛をするのであれば、

 

・もしあなた自身が「国際結婚」を視野に入れて真剣に付き合いたいのであれば、

相手(彼)が自分に対して「将来を考えて真剣に付き合ってくれるのか?」は、きちんと話し合うべきです。

 

・彼の人間性を見極めましょう。「言っていることに対して、きちんと行動が伴っているかどうか」「口だけで全く何もしない、動かない」ということはないですか。

 

・彼は仕事(キャリア)に対して、目標があり貪欲さがあるかどうかです。

 

特にアメリカは実力主義なので、貪欲で仕事の出来る人は

若くても出世していくのが一般的なんです。

 

そのため、仕事における専門性や専門技術や経験、

いわゆる「手に職」がある人は、転職しても

それなりに家族を養うことが出来たりするようです。

 

※職種や国、会社によっては一概には言えませんのでご承知おきください。

 

参考記事:アメリカ人の平均年収ってどれくらい?気になる高収入の仕事は何!?

ちょっと待って!その国際恋愛、もう一度見つめ直してみて!

 

国際恋愛において「ちょっと待って!!」と警告ではないですが、

もしかすると二人の関係を見つめ直すきっかけを作った方がいいこともあります。

 

その理由は、相手(外国人の彼氏)にただ尽くしているだけでは、

都合のよい日本人女性で終わってしまうかも知れないからです。

 

例えば・・・

 

・自分も彼氏に尽くすことがあるし、彼氏も自分に尽くしてくれると実感できていますか?

 

・お金に関してなあなあ(慣れ合い、適当)になっていませんか?

自分ばかりがデートで毎回ご飯代や映画代などを負担していませんか?

彼氏がそのことを当たり前だと思っていませんか?

 

もし彼が入院、手術をすることになったときの医療費、

車で事故を起こしたときの修理費など、彼自身が保険加入していないと、

とんでもない金額を海外では請求されます。

 

お金に関してケジメの線引きがないと、もしかすると

「返すから貸して」などとお金にまつわるトラブルに

発展しないとも言い切れませんよね。

 

・きちんと避妊はしてくれていますか?きちんとあなたの体を労わってくれていますか?

国際恋愛を結婚に発展させるために「既成事実」で妊娠してもよい、

と自分ひとりで判断するのは、リスクが高いと感じています。

 

もちろんその国際恋愛中の彼氏が、きちんと事実を認めて

結婚を考えてくれるのであれば話は別ですが・・・

 

・彼が今までバリバリと仕事をしてきたアラフォー女子の仕事の価値観を理解してくれていますか?また将来のキャリアプランについて彼に相談したときに、真剣に向き合ってアドバイスしてくれますか?

 

参考記事:これが国際恋愛詐欺!?その手口と対策を大公開

まとめ

 

今日は「国際恋愛とアラフォー女子」についてお話を進めてきました。

 

ひと言で「アラフォー」と言っても、人によって状況はそれぞれですよね。

 

キャリアウーマンで20年間仕事に没頭してきたアラフォー女子。

若いときに一度、結婚離婚を経験してきたアラフォー女子。

 

色々な人生経験をしてきたアラフォー女子だからこそ、より一層

「国際恋愛で幸せになりたい!」という気持ちが強いのではないでしょうか?

 

私もアラフォーですが、やはり海外に住みながら気になるのは、

年々に年老いていく両親のことです。

両親に会えるのは1年に1回程度です。

 

先日、友人のお父様が急死されたとのことで、

アメリカから急いで日本に帰国した友人でしたが、

「最後にお父さんに会ったのが2年前・・・」

と頻繁に会えなかったことを理解しながらも、

大変悔んでいました。

 

国際恋愛から国際結婚に発展して、

海外に住むということはこういうことでもあるのです。

 

そんな状況のときに、心の支えになってくれるのが

パートナー(彼)だと思います。

 

素敵な国際恋愛を楽しんでくださいね!