アメリカ人にも色々な性格の人がいますが、

アメリカ人全体を通してどのような性格だと思いますか?

 

「大らか」「陽気」「細かいことは気にしない」など、

私たち日本人とは違う性格の一面がありますよね。

 

その中でも「自己主張」することに関して

アメリカ人は特に長けていると感じています。

 

日本で「自己主張」をすると 「チームから浮いてしまう」

「ワガママで協調性のない人という印象を与えてしまう」

「年功序列を知らないのかと一般常識を知らない人だと勘違いされてしまう」・・・

 

など、自己主張をすることで人間関係を含む全てのことが

厄介なことになりかねない、という印象でしょうか。

 

日本では学校でも会社でも「自己主張」という言葉に対して

あまりよい印象がないのかも知れませんね。

 

「アメリカ人と一緒に仕事をしていると自己主張してくるけど、アメリカでは普通なの?」

「アメリカ人が自己主張するのは何か理由があるの?」

 

など、今日は「アメリカ人が自己主張する」ことに対して、

その理由や「ワガママ」との違いなどに迫っていきたいと思います!

 

参考記事:アメリカ人の性格って?アメリカ人と心を通わせたい人必読!

アメリカ人が自己主張をするのはきちんとした理由がある

 

みなさんもご存知の通り、アメリカには色々な国からの移民が住んでいます。

 

街を歩けば、白人、黒人、ヒスパニック、アジア系など様々な国の人を見かけます。

大学周辺ではさらに他の国からの留学生を見かけることだってあります。

 

「民族的に多様」で「多文化」なのがアメリカなのです。

 

もちろん第一言語も違う、文化も違う、宗教も違うという人々同士が、

いわゆる「お互い空気読み」で相手の感情や言いたいことを

理解するなんてことはとても難しいのです。

 

このように様々な民族が暮らすアメリカでは

「自分で思ったことは言葉にして相手に伝えなければ“自分”という人を理解してもらえない」

という傾向があると思います。

 

自分の意見を持ち、それを相手に伝えることが自己主張であるとすると、

自己主張しないということは、「自分の意見を持たず、

相手に伝えることも何もないつまらない人間です」と

相手に勘違いされてしまうことにもなりかねないのです。

 

「一を以って万を知る」「一を聞いて十を知る」というのは、

もしかすると日本人の特技なのかも知れませんね。

 

日本では、私も過去には接客業で「お客様から言われる前に自分で気付いて行動する」

ということを上司から厳しくたたき込まれたものです。

 

参考記事:アメリカ人の女性の4つの特徴|欧米で女性とうまく付き合う方法

アメリカ人は最初にいつどこで自己主張することを学ぶのか?

 

アメリカ人の自己主張の身近な例をご紹介しますね!

 

私の子供は小学2年生です。

「まだ2年生なのに自分の意見をしっかりと持っているなあ・・・」

と感心します。

 

またそれをしっかりと大きな声で人の前で話すことが出来ることに関心もあります。

 

先生が「Do you understand?」(分かりましたか?)と聞けば

「Yes」と必ず反応します。

 

もし質問や自分の思ったことがあり、それが正解なのか間違いなのかを聞きたいときは、

子供たちは遠慮せずに手を挙げて先生に質問します。

 

先生が「Tell me what do you think about it!」(みんなはどう思うのか教えて!)

と子供たちに投げかけると全員が挙手をしていました。

 

アメリカの子供たちにとっては、答えが正解、間違いということは二の次で、まずは

「自分の意見を人に伝える」

ということが最優先であり、挙手しないことが逆に目立ってしまうのです。

 

すでに「自分の意見を相手に伝える」という技術と度胸を身につけられるのが

アメリカの教育だと感じています。

 

私が日本で学生だった頃には

先生が「分かりましたか?」と聞いても、数人が首を縦に振って

それ以外の生徒は反応もせずにいると、先生がやや切れ気味で

「分かりましたか?!」と再度聞いてくる、みたいなことが

日常茶飯事だったことを思い出しました。

 

アメリカでは、キンダーに通う5歳からすでに

「自分の意見を伝える」ということを体得しているのです。

 

そして6歳、7歳ともなると「裏付けを基にした自己主張」を覚えるので、

ディベート力も自然に身につくのだと思います。

 

うちの子供も「あー言えばこー言う」ので、

母親である私が時々タジタジとしてしまいます・・・

 

参考記事:アメリカ流の子育てに学ぶ!いち早く子供を自立させる方法とは?

自己主張とワガママは紙一重なのか?

 

みなさんは「自己主張」と「ワガママ」はどのように違うと思いますか?

 

辞書を引き、それぞれの意味を改めて調べてみました。

 

・自己主張(じこしゅちょう)とは、人間が社会において、自己の意見や考えや欲求などを他人に伝えるということである

・ワガママとは、他人のことを考えず自分の都合だけを考えて行動すること(さま)、身勝手、自分勝手ということです。

 

私の主人はアメリカ人なのですが、

やはり自分の意見を私に伝えて自己主張をしてきます。

 

ただし、その自己主張の仕方に特長があります。

これはアメリカ人ビジネスマンに共通することだと個人的に思うことなのですが、

 

「You made a mistake.」(君、間違ったね)「Your opinion was wrong.」(君の意見は間違い)

と、いきなり相手のことを否定するのではなく

 

「I have a different opinion.」(違う意見があるんだけど)

「I agree with you on that point but how about….」(この部分は君に賛成、でも・・・はどう?)

 

というように主語が「I」(自分)であることです。

 

自己主張する際にいきなり相手を否定することなく、

「私」を必ず主語にしているのが特長だと思います。

 

相手の言っていることをしっかりと聴いた上での自己主張なので、

自分の意見をゴリ押ししている印象がないんですよね

 

もしこれが相手を全否定してしまうと、自己主張のつもりが相手にとっては

「自己主張という名の自分勝手」という印象を与えかねないのかも知れないな・・・

とつくづく感じています。

 

参考記事:アメリカ人との喧嘩で気を付けるべきこととは?

上司が相手でもアメリカ人は自己主張をする

 

就職活動の面接って本当に緊張しますよね。

 

「御社で働きたいです!」という熱意を限られた10分、

15分の中で相手に伝えなければいけないですからね!

 

私は学生時代の就職活動と転職の際の就職活動を経験していますが、

その面接の際の「自己PR」は

 

「自分が過去にどんなことをやってきたか?私という人間はこんな人間です」という内容で、

「私を知ってもらうための内容」に重きを置いていました。

 

私のアメリカ人の主人は、採用面接にも関わっているのですがアメリカ人は

「今までこんな経験がある。私を雇えば御社にとってこんないいことがある!」

という自己主張してくる志願者がほとんどだと言っています。

 

「うーん、確かに・・・」と納得したのは、

私がレストランマネージャーとして働いていたときに、

アメリカ人の若い女性が「Are you guys hiring?」(今、採用していますか?)

と直接私に話しかけてきたのです。

 

その時はあいにく人数も揃っていたので、雇うタイミングではないと思ったのですが、

その女性が私に笑顔で、

 

「私を雇ってくれたら必ず店全体のセールスを上げます!

レストラン業界は過去にも経験しています。

一度、オーナーと直接話をさせてください!!」

と自己主張を始めました。

 

もちろんオーナーが採用を決定して、彼女のウエイトレスとしての振る舞いや接客、

セールスは全員のお手本になっています。

 

そんな彼女も、相手がオーナーであれ自己主張をしますが、その自己主張が

 

「今の問題はこの部分だと思う。こうするともっとよくなる。A案とB案ならどっちがいいと思うか?」

 

という、現在の問題を裏付けしながら、

未来の改善に対しての自己主張なので説得力があるんですよね。

 

逆に「もっとこうしようよ」と主張してきた従業員に「なぜそう思うの?」と根拠を尋ねると、

その答えが「めんどくさいから」という気分だけの理由なんて人もいるんですよ。

 

んー・・・これでは単なる「ワガママ」と思われて即却下されても仕方ないですよね。

 

参考記事:アメリカ人の平均年収ってどれくらい?気になる高収入の仕事は何!?

まとめ

 

日本では「自己主張する人」と聞くと、「協調性に欠けているのではないか?」

という印象を持ってしまうのは理由があると思うんです。

 

私が日本の企業で働いていた経験から思うことは、

「日本人は“和”を大事にする文化、思考」だからではないでしょうか?

 

自分の意見があっても、まだ自分が新人だと「この新人生意気」

と思われたくないという気持ちから、自分の思ったことを言葉にせずに

押し殺してきた時代もありました。

 

アメリカでは「“個”を尊重する教育」がすでに幼い子供の頃から始まっています。

 

スクールで自己主張することを学べば、

親が「ワガママと自己主張の違い」をしっかりと家庭で教え込みます。

 

初めてアメリカ人と一緒に仕事をすると、確かに自己主張の多さと強さに驚きますが、

それはアメリカ人として当たり前のことであり、相手とよりよい仕事をしたい、

よりよい人間関係を作りたいという意味を含んでいるのだと思います。

 

そして何より「自分の存在価値」をしっかりと相手に伝える方法が

「自己主張」だと感じています。