「アメリカに移住することになったよ。」

と、アメリカ移住が決まり友人たちに報告したときに、

 

ほとんどの友人たちが「えっー!!!寂しくなるよー」と言いながらも、

「いいなあ。アメリカかぁ・・・羨ましい」と言うので、

何が羨ましいのか具体的に挙げてもらいました。

 

・家が大きい

・庭が大きい

・英語がペラペラになる

・子供がバイリンガルに育つ

・とにかく「アメリカに住んでいます」って響きがかっこいい

 

という意見がありました。

 

みなさんは他に何か「アメリカ移住」から想像するキーワードはありますか?

 

でも、実際に国際結婚をしてアメリカに移住するとなると、

その「理想と現実」のギャップもあり移住して

半年間はアメリカ人の主人と数知れずの喧嘩をしました。

 

現在アメリカ在住3年目の私は、毎日アメリカンライフを楽しんでいますが、

「こんなとき日本にいたら・・・どれだけ助かるか」

と思うことが未だにあります。

 

「国際結婚をしてアメリカ移住するけれども、仕事は見つかるかな?」

「アメリカへ行く前に日本でやっておいた方がいいことって何があるの?」

「アメリカ移住に備えて日本で購入しておいた方がいいものって何?」

 

国際結婚をしてアメリカ移住をすると決まった方へ、

少しでも心配事の負担を軽くして楽しいアメリカ生活を送ってもらうためにも、

私の経験談や周りの日本人妻たちの意見をご紹介していきますね!

 

アメリカに移住してから「こんなはずじゃ・・・」と後悔しないためにも、

ひとつでも参考になることがあれば嬉しいです!

 

国際結婚でアメリカ移住後はキャリアを積むべき?

 

まずは、アメリカでの仕事探しや就労についてお話していきますね!

 

アメリカでの就労許可があるビザであれば、アメリカで働くことが出来ます。

(アメリカ市民権がないと応募できない職種もあるようです)

 

私の場合は、アメリカ移住が決まったときは、

フリーランス契約で企業コンサルタントの仕事をしており、

仕事は全て引き継ぎ、一旦、仕事から身を引いてアメリカに移住しました。

 

今まで日本でずっと仕事をしていた日本人妻たちが口を揃えて言うことが

「家にずっといるなんて出来ない!働きたい!一日中誰とも喋らないなんて無理!!」

ということです。

 

もちろん専業主婦も立派な「家族を支える」という仕事だと私は思っているので、

専業主婦を頑張っている友人たちもいます。

 

アメリカでは州や都市によっては日系企業が多く展開している地域もあります。

 

地域や職種によって就労条件や求人要項などが違うため、一概には

「アメリカでの仕事探しはこうだ!!」と言い切れませんが、

私が住む街は、車で高速を飛ばして1時間離れたところに、

やっと1つだけ日本企業の工場があるような場所です。

 

仕事を探している時点で、日本人を必要とする企業を見つけることが出来ませんでした。

 

でも家から出て、仕事がしたかったので家から近い和食レストランで

ウエイトレスからスタートしてマネージャーになったのが、

私のアメリカでの最初の仕事です。

元々、接客が好きなので楽しく仕事していました。

 

「世界どこでも通用する“手に職”があれば・・・」

 

と何度も思いました。手に職があり、資格や英語に問題がなければ

引き続きアメリカでそのキャリアを活かすチャンスがあり、

自分自身のスキルアップにも繋がると思います。

 

求人リサーチして痛感しているのは、応募したい職種にもよりますが

「アメリカでは学位の取得が応募できるポジションを制限している職種が多い」

ということです。

 

修士号、博士号を取得していることが多くの仕事の条件として記載されています。

 

また学位が昇進や年収に差が出てしまうのもアメリカでは現実だと思います。

 

アメリカに移住してきてから専業主婦を得て、

大学院に通いながら修士号を取得して仕事をしている日本人の友人もいます。

 

アメリカでの仕事探しは職種にもよりますが、

日本で積み上げたキャリアを一旦置いておいて、

ゼロからスタートすることでもあります。

 

日本の仕事探しとは同じ条件では進まないことも

理解しておいた方がいいと思います。

 

もし日本で卒業した大学の卒業証明や成績証明の英語版発行が可能であれば、

念のため準備しておいた方がいいのかも知れませんね。

 

参考記事:アメリカ人の平均年収ってどれくらい?気になる高収入の仕事は何!?

国際結婚でのアメリカ移住生活は学びの連続

 

みなさんもご存知の通り、国際結婚、アメリカ移住となれば、

まず「ビザ申請」をすることになりますが、

ここでは私が実際にアメリカに移住した際に直面した問題について

触れていきたいと思います。

 

家のこと

住む場所を見つけることは生活する上で最優先ですよね!

 

我が家の場合は、夫婦でこだわったのが、「子供の学区(school district)」です。

「子供のためにいい学区を選びたい。」というのが夫婦の希望でもありました。

 

主人の英断でアメリカに来て1か月で家を購入しました。

 

実はアメリカ移住が決まった時点で、

日本にいながらアメリカでの住宅購入について

資金面を含めて検討はしていました。

 

住宅購入を検討の際は、

・頭金

・住宅ローン

・子供がいるなら学区のレベル

・住むエリアの安全レベル

・家の大きさ、部屋数、築年数

 

を主に考慮して、家のことを決めました。

 

お金のこと

お金に関することは夫婦によって考え方が違いますよね。

 

実は、私たち夫婦は日本では「完全に別財布」で生活していました。

日本にいたときは私自身が稼いだ分は自分の好きなこと、

好きなものに使うことができました。

 

アメリカ移住してすぐの頃は、私は専業主婦だったのですが

お金の感覚に対して、日本にいた頃の金銭感覚を変えるのが

自分自身の大きな課題だったのが正直なところです。

 

日本にいたときは「欲しいと思った物を買う」という感覚。

 

でもアメリカ移住したら、大きな買い物である“家”を購入したこともあり

節約モードで「必要なものを買う」という金銭に対する思考に

シフトしなければいけませんでした。

 

アメリカ移住のために日本に住んでいた時と夫婦、

家庭の経済状況が変わるようでしたらきちんとご夫婦で

お金の使い方など話し合っておいた方がいいかも知れませんね。

 

特に医療費は日本と比較してアメリカではとても高いので、

医療保険のことについては日本を出国する前に加入するなどしておくことが賢明です。

 

また、インターネットバンキングに申し込んでウェブサイトからも

日本国内の預貯金の残高や引き落としが確認できるようにしました。

 

参考記事:国際結婚をしてアメリカでの苦労は“no pain,no gain”!

英語のこと

アメリカ移住が決まったら「私の英語力で生活できるかな?」

と不安になる気持ちよく分かります。

 

アメリカ移住して生活をしていると、やはり「言葉の壁」はあります。

しかもその壁が高くて厚いこともあります。

 

特に病院など専門用語が飛び交う状況では、

その単語すら知らないということは私も経験済みです。

 

「アメリカに住めば自然に英語がペラペラになるか?」

という意見に対しての私の答えは「自分の努力次第」です。

 

やはり努力なしでは英語力は伸びないと感じています。

例えば

 

・アメリカ人の知り合いを作り、会話する機会を増やす

・理解していないのに笑って誤魔化さないで、聞き返すこと

・自分の意見や思いを伝えられる英語力を身につける

・語彙力を身につける

 

やはり努力を自分でしないと、日本を出発したときと

同じ英語レベルで留まってしまうのではないかとも思います。

 

私の子供は小学2年生ですが、すでに私が知らない英単語が

テストに出ていたりしているので、英語に対して何も努力しないと、

私の英語力は小学生レベルなのか・・・とも焦っています。

 

参考記事:アメリカ人と結婚したい!英語が話せないと幸せにはなれないの?

アメリカ移住前に日本で済ませておくべきことは?

 

アメリカ移住が決まったら、まずは「アメリカに滞在するためのビザ申請」ですよね。

 

では、ビザのこと以外に日本にいる間にやっておいた方がいい、やっておくべきことを

経験を基にご紹介していきますね。

 

歯医者へ行く

子供の頃は定期的に学校で歯科検診がありましたよね。

 

でも大人になると、自分で歯医者を予約して歯科検診、歯のクリーニングに行く、

もしくは痛みが堪え切れずに行く・・・など、

きっかけがないと歯医者からは遠ざかってしまいがちです。

 

アメリカに行くと決まったときに、主人に

 

「アメリカで加入している歯科保険は半年に1回のクリーニングと検診は無料だけど、

治療するとなると高額だから、日本にいるうちに行っておいてね」

 

と言われ歯科検診を済ませました。

 

しかし・・・アメリカ移住から2年経過したときに

今まで何の問題もなかった親知らずを抜かなければいけない状況になり、

歯科保険を使っても1本$400($1=100円として4万円)かかってしまいました。

 

健康診断(婦人科系)へ行く

主人の加入している団体医療保険では、

年1回の婦人科系(マンモグラフィーと子宮頸がん)の検査は会社が負担してくれますが、

アメリカの医療費はバカ高いということは知っていたので、

アメリカ移住が決まったらすぐに自分でかかりつけの内科で、

一応安心して渡米したいという気持ちもありつつ、

健康診断のベーシックなものを受けました。(内科的な検診)

 

眼科へ行く

念のために普段使いの眼鏡の度を再度調整してもらいました。

 

アメリカでもコンタクトレンズは購入できるのですが、

私はずっと使い続けているコンタクトレンズがあるので、

再度眼科検診を受けて当面の間、アメリカでも使い慣れた

コンタクトレンズを使えるようまとめて購入しました。

 

参考記事:衝撃!アメリカの医療を知っておかないと請求書を見て号泣!?

国際免許を取得する

私は、アメリカ移住の際に、国際免許は持参しませんでしたが、

友人たちは念のため国際免許を持って渡米してきたようです。

 

私の場合は、現地のDMV(運転免許センターみたいなところ)に

出向き現地のドライバーズライセンス(運転免許)を取得しました。

 

確か、住所の入った公的な郵便物、就労許可、

持っていればグリーンカード、ソーシャルセキュリティーが必要でした。

(州によって必要書類が違うため、お住まいの州のDMVに確認してみてください)

 

なぜ、現地のドライバーズライセンスを一刻も早く取得したかという理由は、

 

・アメリカではドライバーズライセンスはIDになるから

・万が一、違反や事故を起こしたときに国際免許だと免許証として“無効”と聞いたことがあったから

 

です。

取得にかかった費用は、$30ドルくらいでした・・・

日本だと運転免許を取るための学校に30万円くらい払った記憶がありますが・・・

 

筆記試験(私の住む州は英語版のみ)を受けて合格し、

午後から実技試験を受けて合格し、レシートみたいな免許証を

仮として発行してもらいました。

1日でドライバーズライセンスが取得できました。

 

その後、2週間で本物の免許証が自宅に送られてきましたよ。

 

旦那さんに車両保険の加入については確認しておいてくださいね!

 

市役所に行って住民票を抜く

日本に住所があると、住民税がかかると聞いていたため

海外転出届で住民票を抜きました。

 

これは人によって手続きは色々のようです。

そのまま日本に住所を残す方もいらっしゃるようです。

 

年金機構に行く

すでに22年間年金を納めていたので、

海外に拠点が移った場合はどうすればいいのか話を聞きに行きました。

 

任意で納めることが出来ると知り、

両親に相談してアメリカ移住しながら国民年金を納めることにしました。

 

日本国内の預貯金から毎月引き落とし、

もしくは日本国内の親族などの協力者が納める方法があります。

 

念のため、年金機構には連絡先を実家として伝えました。

https://www.nenkin.go.jp/shiraberu/kaigai.files/leafletJ.pdf(日本年金機構)

 

こちらの記事にも詳しく書いてますので、読んでおくと安心です↓

参考記事:知らないと損するかも!国際結婚したら年金はどうなる?

化粧品をまとめ買いする

アメリカの店で自分の肌に合う日本製の化粧品を探すことは

種類も限られていて難しいです。

 

資生堂などの基礎化粧品をショッピングモールに入っている

コスメショップ(sephora)などで手に入れることは可能です。

 

ただし、私の街のドラッグストアのような場所には

日本製の化粧品は売っていないため、

日本で使い慣れた化粧品を持って行きました。

 

保湿系化粧水はアメリカでは見つけられませんでした。

アメリカで“化粧水”というと「ふきとり化粧水」という感じのようです。

 

また、メイクを落とすためのクレンジングオイルやクレンジングジェルも

「これだ!」というものを見つけられず、アメリカでは

「拭き取りシート」がメイク落としの主流のようです。

 

メイクアップファンデーションの色選びについてですが、

日本でデパートのコスメティックカウンターの方に相談したところ、

 

「アメリカ人はブルーベース、日本人はイエローベースなので

パッと見て同じようなファンデーションの色でも、ブランドによっては

実際肌に乗せてみると“あれ?”ということがあるんですよ」

 

とアドバイスしてくれたので、ファンデーションの予備を日本から持ってきました。

 

胃薬を購入する

アメリカで胃が痛くなると「TUMS」というラムネのような錠剤を

口の中で溶かす、カリカリ食べるのがメジャーです。

 

私は用意周到派なので、アメリカ移住で慣れないことがあると

胃が痛くなるのではないかと、日本の胃薬で飲み慣れたもの、

自分に合った薬を持ってきました。

 

参考記事:アメリカで生活する7つのメリットとデメリット

まとめ

 

生活の基盤がアメリカに変わるということは、最初は様々なストレスがあります。

 

引越、車も必要、住むところ、食べること・・・お金がかかるのも事実です。

 

私もアメリカ移住して間もない頃は、自分の不安や不便さがストレスとなり、

主人と些細なことで幾度となく喧嘩をしました。

今ではいい思い出となっていますが・・・

 

国際結婚をしてアメリカ移住をすると、

日本に頻繁に帰国することが難しくなると思います。

 

子供ができ、子供たちを連れて日本に帰国するともなると

飛行機代も高くつきます。

 

寂しい言い方ですが、「今度はいつ会えるか分からない・・・」ということも

移住においては覚悟しなければならないんです。

 

ぜひ日本を発つその日まで、ご家族、友人たちと

思い切り楽しい時間を過ごしてくださいね!