フランスと日本の医療制度には、

一体どんな違いが存在するのでしょうか?

 

「西と東じゃ全てが大きく違っていそう」や

「全く想像がつかない」といった人も多いと思います。

 

今回は主な違い、より目に見えて明白に違うといえる部分を

紹介してみたいと思います。

 

フランスの医療の特徴とは?

かかりつけ医制度

フランスでは全ての人たちにかかりつけ医が存在します。

 

一般的にはまずかかりつけ医になってくれる医師を自分で探し、

受診のしやすさや信頼できるかを吟味し、

受診をしたうえで決めるそうです。

 

そのあとは単純に「かかりつけ医にしたい」と願い出れば、

登録に必要な処理などに誘導してくれるようです。

 

では、「かかりつけ医はいるけど、別の医者に診てもらうことは可能なのか?」

これは可能です。

 

ですが、その分受診料の自己負担額が増えてしまうそうなので、

そうそうかかりつけ医以外に見てもらうということは無いようです。

 

かかりつけ医以外に診てもらう時は、「緊急とまではいかないけれど、

高熱が出て大変なので診てもらいたい」

といったような状況の時等になるそうです。

 

受診は全て予約制

 

では「上記のかかりつけ医に診てもらうには、

どうすればよいのか?」

 

原則予約制となっており、ほとんどの患者さんは

受診前に必ず予約をします。

 

ですが、日本と違い当日予約をして当日診てもらうことができるのは少なく、

翌日又は翌々日まで待ち診てもらうことがほとんどです。

 

(予約無しでも診てもらうことは可能なようですが、

かなり待たされるからそうそう予約無しで行くことはしないそうです。)

 

私もフランスで体調を崩した際に、病院を受診したことがありますが、

「今まさに辛いのに明日まで待つの!?」

ともどかしさを感じたことがあります。

 

日本では風邪をひけばすぐに病院に出向き、

そのまま診てもえるのが一般的なので、

少々日本人には馴染み辛いシステムかもしれません。

 

私もこのシステムには未だ馴染めずにいます。

 

お薬手帳は不要

 

フランスでは『Carte Vitale』という所謂保険証を皆所持しています。

 

実はこの保険証、非常にハイテクなシステムになっており、

カード自身にICチップが組み込まれています。

 

ICチップの中には患者さんの全ての情報が入っていて、

パソコンでその情報を見ることができるのです。

 

例えば、今現在どんな薬を服用しているかといった情報が入っており、

日本のようにお薬手帳を自分で管理するといった手間が省けるんです。

 

救急はあまり利用しない

 

フランスでは日本よりも救急を利用することが少ないようです。

 

どちらかというと日本では、緊急かそうでないか迷ったら

とりあえず緊急でかかるべきという考えの人も多いのではないでしょうか?

 

ですがフランスでは緊急=非常に重症な患者のみが

かかるものという認識があるようです。

 

それも日本とは違い、フランスでは

「救急に行こうものなら、おぞましい光景を目にすることになるから」

のだそうです。

 

恐らく治安があまりいいとは言えない、フランスならではの

トラブルで運ばれてくる患者さんたちで

見たくもない光景を目にすることになるから。

なのかもしれませんね…。

 

病院へは行かない

以前私が体調を崩し、幼いころからかかっている

大学病院に受診した時のことで、主人に

「体調がよくないから病院へ行ってくるね」

というメッセージを送るや否や、主人からは

「どうしたの!?何かあったの!?」

と物凄い心配したメールが送られてきたことがあります。

 

当初は「そんなに心配しなくても…」と思っていたのですが、

後から聞くと、フランスでは”病院=重症患者の行くところ”という認識のため、

ただの胃腸炎やなんかでかかるようなことはまあまりないそうです。

 

じゃあ病院ではなく何処へかかるのか?

それは所謂『クリニック』や『かかりつけ医』にかかるのが一般的で、

「病院へ行ってくるね」なんて言った日には、

血相を変えて連絡をしてくるほどなんだそうです。

 

最後に

 

以上がフランスと日本の医療制度の主な違いになります。

 

もう少し細かに見ていくとより多くの違いは存在しますが、

目に見えて大きく違うといったところはこんなところでしょうか。

 

私も実際に経験してみて「これはフランスのほうがいいなぁ」や

「これは日本の制度のほうが便利かも」と、

どちらか片方がよりよいと感じるより、

どちらも同じように良いところ悪いところがあるように思います。

 

もしこれから「フランスに移住する予定がある」といった方や

「フランスの医療制度に興味がある」いう方は、

より細かな違いも明確になると思うので、

是非ご自身でも調べてみてくださいね!

 

今回はフランスの医療事情についてご紹介しましたが、

もしアメリカへの移住を考えているならば、

こちらも知っておいたほうがよいでしょう↓

参考記事:衝撃!アメリカの医療を知っておかないと請求書を見て号泣!?