「フランス人の男性といい出会いがあった!」

「気になるフランス人男性にメールでアピールしたい!」

と、そんないいチャンスがあっても

 

「フランス人男性のメールってどんな感じなんだろう?」

「どれくらいの頻度でメールするべきなのかわからない」

と多くの心配事が出てきてしまいますよね。

 

今回はそんなモヤモヤを解消すべく、

フランス人男性とのメールの仕方や、

彼らのメールの特徴について解説をしていきたいと思います!

 

フランス人男性のメールの6つの特徴

気になる女性には毎日メール

 

フランス人男性は一度一人の女性の虜になってしまうと、

その人に絶対に振り向いてもらおうと

色々な手段を使って一生懸命アピールをしてきます。

 

メールもその手段のうちの一つです。

 

毎日、「元気?」や「今日は何をしていたの?」

や他愛もない内容でも連絡をすることを怠りません。

 

「毎日元気?って、昨日も話したじゃない」って思うかもしれませんが、

フランス人は必ず「元気?」と相手の今日のコンディションを訪ねてきます。

 

メールだろう何だろうと、必ずこういった挨拶をするのが

彼らの礼儀とマナーなんですね。

 

なので、こちらからのメールの場合でも彼らのマナーにのっとって

「元気?」と尋ねてみることで、好感を持ってもらえることでしょう。

 

最後にはほぼ必ず”ビズ”

 

ほぼ必ずと言っていいほど、

文の最後には”ビズ”を着けてメールを締め括ります。

 

“ビズ”とは、フランス語で”キス”のことを指します。

 

最初は私も「いつも文の最後にある”ビズ”って、

いったいどう意味でつけているの?」と分からなかったのですが、

夫に聞くとこれは単純に「愛しい人へ、愛を込めたキスを」

という”挨拶のようなもの”だそうです。

 

参考記事:フランス人男性と恋愛をするために必要なこと

どんなに忙しくても絶対連絡をする

フランス人は男性に限らず、どんなに忙しくても

その忙しい時間の合間を縫って、メールを送ってきたりと

何かしら連絡をよこしてきてくれます。

 

それが好きな相手であったり家族であれば、

より一層まめにメールを送ってきては、

近況を報告したりします。

 

こまめに連絡を取り合わないカップルは、

フランス人からしたら「相手のことをあまり好きではない」と

うつってしまうそうなんです。

 

なのでフランス人の彼や彼女がいる人は、

できるだけまめに連絡をとるようにすると

相手を「本当に好きでいてくれているの?」

と心配をさせないで済むかもしれませんね。

 

その前にフランス人だったら

「どうしてまめに連絡をくれないんだ」

とはっきり聞いてきそうですけどね。

 

メールの内容は常にあまーい

 

必ず文頭は、「僕のチェリー元気?」といった甘い言葉から始まります。

 

内容もさることながら、必ず愛情がふんだんに込められた

愛称を使って呼んでくれ、色々とメールの内容を盛り上げてくれます。

 

「今君のことを考えていたよ」「寂しいな」

なんて毎日のように書かれてきます。

 

最初こそ「なんてロマンチスト!」と思いますが、

慣れてくると「私もよー」とすらすら返せてしまうものです。

 

さて!

フランス人男性のメールってどんなもんなのか、

大体お分かりいただけたと思います。

 

ではこういったフランス人の男性とのメールやりとりや、

頻度はどのようにすればよいのでしょうか?

 

単純にメールのやり取りは楽しむ

 

フランス人男性とのやりとりだけとは限らず、

メールのやりとりは単純に楽しむと、

気になる彼のことをより深く知ることができ、

苦になってしまうということがないと思います。

 

特にお国が違う分理解の不一致なども多く出てくるので、

できるだけ気持ちにも余裕をもってやり取りをしてみましょう。

 

参考記事:日本人が驚愕するフランス人男性の恋愛観とは!?

自分からメールを入れたくなったら、遠慮せず積極的に!

 

日本人のカップルの間や、カップルになる前の関係の時って

メールをしたくても、「相手が忙しいかも…」と気を使ってしまい

「迷惑かもしれないから今日は辞めておこう…」

遠慮してしまいがちですよね。

 

ですが、そこはフランス人が相手ということを忘れずに!

 

彼らは本当に気になっている女性であったり、

好きな相手であれば、どんなに忙しくても

そんな相手からのメールを受け取ることを

苦に思うことは、まずあり得ません。

 

上で説明したように

「どんなに忙しくてもメールを送る時間くらいは作れる」

というスタンスなので、遠慮はせずにどんどん積極的に

メールを送ってコミュニケーションを計ってみましょう!

 

最後に

フランス人男性にアタックしたい時は、

常に積極的でいることがいい!

というのがわかりましたよね。

 

またアタックを受ける側であっても、

彼らのマナーを尊重してあげることが大事

ということもわかりました。

 

日本では「ちょっとありえない」と、思ってしまうかもしれないことも、

フランスでは「当たり前」という考えがあるので、

それをうまく認識し頑張ってアタックをしてみてくださいね!