国際恋愛ってなんだかロマンチックで憧れちゃいますよね。

 

特にヨーロッパ人の男性や女性との恋愛ってとっても情熱的なイメージで、

経験したことのない素敵な恋が待ち受けていそうですよね。

 

想像するだけでなんだかドキドキしてしまいます!

 

ですが「いいことばっかりじゃなくて困難も多そう」と、

心配事も浮かんでくるのが現実です。

 

ではそんな国際恋愛、実際はどんないいことが待っていて

どんな大変なことが待っているのかを

今回はご紹介していきたいと思います。

 

国際恋愛でヨーロッパ人との交際|メリット

柔軟な人はより柔軟になる

 

アジアとヨーロッパでは多くの違いがありますよね。

 

文化だったり言語だったり、習慣だったり

 

そういった違いを沢山経験していくことで、

考え方がとても柔軟にグローバルになります。

 

より多くの違いを受け入れられるようになり、

理解を示せるようになるんです。

 

外国語が身につく

 

「友達や恋人を作ることが外国語を上達させるための一番の方法」

とよく言ったもので、外国人の恋人がいれば、

毎日の会話が外国語になることがあります。

 

そのため知らず知らずのうちに、

外国語がどんどんと上達していきます。

 

もともと得意だった人はより磨きをかけて、

そういった特技を仕事等に活かせるといいですよね。

 

変化が楽しい

文化の違いや習慣の違いが苦になると感じる一方、

そういった違いや変化が逆に楽しく感じることもあります。

 

新鮮なことが多く新しいことを沢山知ることができ、

知識がどんどんと増え世界が拓けていきます。

 

変化が刺激になって、毎日が楽しくなりそうですよね!

 

遠距離で心が強くなる

 

簡単に会えない距離だからこそ、

色々なことが心を強くしてくれます。

 

会えないからこそぶつかり合ってしまうことも沢山あり、

喧嘩も多くなってしまうこともありますが、

そういった経験が自信へと繋がります。

 

「これだけのことを乗り越えられたから大丈夫!

と困難にぶち当たっても、過去の経験が

大きく背中を押してくれることもあるでしょう。

 

しっかりと意見を主張できるようになる

ヨーロッパ人と一緒にいると、

しっかりと意見を言えるようになっていきます。

 

恋人がそうしているのを見て学ぶこともありますし、

はっきりと物事を言わないとヨーロッパ人には

しっかりと意見が伝わりません。

 

そういったことが積み重なると、

自然と意見をはっきりと言えるようになっていきます。

 

参考記事:国際結婚のメリットって?体験してみてわかったこと

愛情表現が豊か

 

ヨーロッパ人男性や女性は、

常に愛情表現をしっかりとしてくれます。

 

「好き」や「かわいい」と毎日言ってきてくれるので、

自分のことをどう思っているのか

不安になることがありません。

 

そうすると、自分もそれに答えて

愛情をしっかりと表現してみたくなってきます。

 

そんな時は恋人に習ってしっかりと、

愛情を表現してあげると相手も喜んでくれますよ。

 

参考記事:日本人が驚愕するフランス人男性の恋愛観とは!?

国際恋愛でヨーロッパ人との交際|デメリット

国が違うと遠距離になってしまう

 

国際恋愛でありがちなのが、

「現地で素敵な人と出会いお付き合いが始まる」

といったパターンです。

 

海外移住を視野に入れている人には特に問題はありませんが、

留学やワーキングホリデーとして来た人たちは、

遅かれ早かれ日本へ帰らなくてはいけませんよね。

 

そこで壁になってくるのか遠距離という問題です。

 

日本国内ですら「遠距離恋愛が難しい」と

長続きしない人がいるなか、国際恋愛となると

何千キロと離れた遠距離恋愛となってしまいます。

 

それなりの覚悟が必要で、お互いにしっかりと

信頼しあっていないといけませんよね。

 

参考記事:知っておくべき!国際恋愛で失恋してしまう4つの理由

言語の違い

言語の違いは誰もが一番最初に

思い浮かべる大きな壁かと思います。

 

外国語に自信がない人は、相手との意志疎通が難しく、

いざというときに「自分の気持ちが分かってもらえない

と苦しく感じてしまうことも。

 

それが遠距離でのやりよりとなると、

ただでさえ大変な中、より忍耐が必要になってきます。

 

参考記事:国際結婚は英語が話せなくても大丈夫!?

文化の違いを理解しなくてはいけない

 

お互い違う国で生まれ育った以上、

文化の違いは避けては通れない問題のうちの1つです。

 

食生活の違いだったり、日本での常識が

あっちでの非常識になってしまったり

ということがあります。

 

生活の中でそういった小さな違いが積もり積もって問題となり、

相手との関係に大きな亀裂を生みだしてしまうこともあるのです。

 

そうならない為にも、相手の文化をお互いに

しっかりと理解し合い、尊重しなくてはいけません。

 

参考記事:フランス人との国際結婚に潜む離婚のリスクとは!?

お互いの家族の理解が必要になる

 

国際恋愛を続けていくうえで必要になるのが、

家族の理解です。

 

家族が外国人に対して理解があると、

何か問題が生じた時に色々とサポートしてもらえていいですよね。

 

後に結婚を視野に入れているとしたらなおのこと、

家族にしっかりと彼のことを理解してもらえるように

努めなくてはいけません。

 

参考記事:そんなことまで!?国際結婚の嫁姑問題

「察して」ではなくしっかり主張

ヨーロッパ人は物事をはっきりと主張する人たちですので、

日本の文化である「察っする」ということは

あまり得意ではありません。

 

日本人同士では通じる空気の読み合いも、

ヨーロッパ人にはまるで通用しないので

あまり期待をしないほうがいいかもしれません。

 

ヨーロッパ人に接するときは基本察してもらおうとはせず、

しっかりと思ったことを口に出して

伝えるようにするといいでしょう。

 

そうすることで彼や彼女と、意思の疎通で

喧嘩に発展するといったトラブルは避けられます。

 

参考記事:日本人との結婚と変わらない?国際結婚の大変さとは

まとめ

 

以上が国際恋愛のいいところと大変なところでした。

 

大変なことも多いけど、

いいところや楽しいことも沢山の国際恋愛。

 

もしもこれからヨーロッパ人との恋愛を

考えているようでしたら、その前の準備材料として

参考になれば幸いです。

 

参考記事:外国人と出会うためのマッチングアプリBest3!