アメリカのドラマや映画を観ていると、

相手をデートに誘うときにすごく自然な流れだと思いませんか?

 

例えば

「Do you have a spare time for coffee?」

とか・・・

 

サラッと「お茶でもどう?」と、相手を誘い出せるのは

フレンドリーなアメリカ人の性格だからと

いうこともあるのかも知れませんが・・・

 

実は、私の主人はアメリカ人です。

 

出会った頃のデートは、二人とも終日仕事をしていたので、

仕事帰りにレストランで食事が多かったです。

 

今日は「アメリカ人のデートの実態」という内容で

お話を進めていきますね!

 

「初めてのアメリカ人とのデートで沈黙が続いたらどうしよう・・・」

「アメリカ人とデートしてみたい!」

「何回かデートしている相手がアメリカ人だけど、日本人とは恋愛の考え方は違うの?」

 

など、デートの相手が「アメリカ人」という方の参考になるように

 

「アメリカ人は恋愛やデートに対してどう考えているのか?」

ということをメインに、アメリカでの恋愛事情を

現地サイトではどのように紹介しているのかも含めて、

アメリカ人と付き合う時のヒントを見つけてみてくださいね!

 

参考記事:日本人が知らないアメリカ人のI love youが持つ意味とは?

アメリカ人のデートで行く場所は?

 

私が若かりし頃は「気になる人とデート」となるとデートの数日前から

「行く場所によってファッションを考えなきゃ!!」

と、どこに行くかで着ていくものを考え、

髪の毛はまとめるべきか、おろしておいても大丈夫か・・・

などと迷っていました。

 

でも、アメリカ人は特別な日(誕生日、記念日や観劇など)に

格式あるレストランやイベントに行くとき以外は、

大体毎日同じようなファッションをしている傾向が高いです。

 

もちろん同じアメリカ人でも、

個人によってファッションに対する感覚も違いますし、

職種や年齢、都会か田舎によっても

ファッションに対する考え方は違ってきますが・・・

 

私の住んでいる「都会でもなくド田舎でもなく」という地域では、

特に20代の若い世代の男女は、

大体毎日同じようなファッションの人が多いです。

 

では、国際恋愛においてアメリカ人は

どんなデートをすることが多いのかを調べてみたところ、

「カフェ/映画館/レストラン/テイクアウトを買って家でDVDを観る」

というデートスタイルが多いようです。

 

あまり日本人同士のデート変わらないですよね。

 

でもアメリカ人が重要視しているのが、

「気兼ねなく一緒にいられる相手か」ということなのです。

 

あくまでカジュアル、でもカジュアルなデートの中に

楽しみを見つけるのがアメリカ人流の恋愛スタイルなのです。

 

参考記事:驚くことなかれ!アメリカ人を彼氏に持つと「こんなこと」がある

アメリカ人とのデートで好意があるか見分ける方法は?

アメリカ人はどんなふうに言葉で“好き”を伝える?

 

国際恋愛と聞くと「情熱的な相手」というイメージがあったりしませんか?

 

アメリカ人の男性と付き合うと、

どんな風に「好き」を伝えてくれるのか

興味がありますよね!

 

ドラマのワンシーン(ちょっと例えが古いですが)のように、

 

一緒に海に行って、波打ち際に立ち夕日に向かって

「お前が好きだあああああ!!!!」と告白されたらだったらどうしよう・・・

私も横に立って「あなたが好きでーーーす!!」と叫ばなきゃいけないの??

(冗談ですが人によってはあるかも?)

 

そこでアメリカ版の「どうやってアメリカ人は相手に好きを伝えるの?」

というサイトを読んで、簡単に和訳したものをご紹介しますね。

 

①I like spending time with you.(一緒に過ごす時間が好きだよ)

②I enjoy your company.( 一緒にいると楽しいよ)

上記の2つは「I like you」よりも「好き」ということを伝えているニュアンスを含みます。

 

もし国際恋愛で相手がアメリカ人の場合、まだ「デート期間中」でなかなか

「ガールフレンドになってほしい」の言葉はまだ無くてもどかしい期間の場合、

これらの「好き」という言葉を相手が言ってくれるのであれば、

彼が自分を好きでいてくれるサインです。

 

参考記事:アメリカ人の彼氏のスキンシップは愛情表現!「場所を選ばず」なの?

アメリカ人はどんなふうに行動で“好き”を伝える?

 

では、続いてアメリカ人が「好き」を伝える方法の行動編をご紹介しますね!

 

この行動編では「好意のあるサイン」と「好意がないサイン」の両方

一緒にご紹介していきます。

 

アメリカの恋愛サイトなので、

はっきりと結論付けていることをご承知くださいね。

 

①メールを頻繁に送ってきます。またメールの返事が速攻返ってきます。

※メールの返事が返ってこない、2日経過しても返事がないのは、デートしたくないというサインです。

 

②食事に行くとご馳走してくれます。

※仕事関係者や上司、同僚もご馳走してくれるときがありますが、それは立場上のことがほとんどなので、公私混同しないようにしてください。

※逆に「割り勘にしよう」と言ってくるのは、あなたには興味がありません。

 

③あなたの誕生日や重要な日、記念日にメールしてくるのは好意がある証拠です。

 

④あなたを恋愛対象の相手として考えているならば、週末の誘いはその週の火曜日か水曜日には予定を決めてくれます。

※逆にいきなり週末その日に誘われるのは、そのアメリカ人男性にとって予定を埋める最終手段の相手というだけです。

 

⑤ずっと目を見てくるアイコンタクトは好意のある証拠です。

※アイコンタクトを避けるのは好きじゃない証拠です。

 

⑥もし女性から一対一のデートに誘ったのに、相手のアメリカ人男性が「みんなで行こうよ」とグループで会うことを提案してきたら、あなたに興味がないということです。

 

⑦ライトタッチ(いわゆるボディタッチ)は、好意を示す行動です。会話の中で少し腕を触るようなライトタッチ(ちょっと相手に触れる感じのタッチ)のことです。

 

参考記事:アメリカ人の「付き合う定義」とは?日本人彼女の悩み「私は彼女なの?」

アメリカ人はデートの中で相手の何を見ているの?

 

アメリカ人は付き合うという過程において、

デートを何回も何回も重ねることはごく普通のことなのですが、

ではその「デート」で相手の何を見ているのかということをお話しますね。

 

結果的には「彼女に相応しいかどうか」ということを

見極める期間が「デート期間」なのですが、

2014年の「アメリカ人のデートに関する意識調査」によると・・・

 

デートで見ていることは

 

・酒癖、喫煙、体型維持への意識(食べ過ぎ、太り過ぎ)

・会話の中にユーモアがあるかどうか

・飼っているペットは何か(爬虫類と齧(げっ)歯類(しるい)は苦手な人は苦手)

・自分の意見があるか、言えるか

・結婚に対すること

・同棲に関すること

 

ということのようです。

 

ペットと言っても、実は飼っているペットで

別れたカップルもいると結果に書いてありましたが、

これは私の友人も同じ経験をしています。

 

友人の彼は、オシャレなイケメンでした。

(別れたので過去形です)性格も良くて

友人も一緒にいて楽しいと言っていました、

あることを除いては・・・

 

彼氏が爬虫類を飼っていたのです。

 

友人は大の苦手が爬虫類で、

家に行くまでは飼っていることを知らずにいたので、

一緒に彼氏の家にいることがストレスになってしまい、

別れを決意しました。

 

苦手は苦手ですから仕方ないですよね・・・

好きになる努力・・・

無理ですよね。

 

結婚に関しては、26~30歳のほとんどの男女が

結婚を意識しているようです。

 

アメリカの平均初婚年齢は男性29.8歳、

女性26.9歳なので結婚を意識する年齢もわかりますよね。

 

そして、調査対象者の69%が同棲期間の理想は

「少なくとも6カ月から2年以上」と答えています。

 

確かに同棲生活は大事だと経験から思います。

 

とくに相手が外国人、アメリカ人となると、

几帳面な日本人には「ちょっと!」と思うことは

小さな事例から始まり色々とありました。

 

例えば、私は日本人なのでスーパーに毎日、

もしくは2日に1回は会社帰りに寄って

新鮮な野菜やお魚、お肉を買いたい、

必要な分を必要なときに買いたい派だったのですが、

主人(当時はまだ同棲中)は、

 

「毎日スーパーに行く時間がもったいない。

その時間にドラマが1本鑑賞できる。」

 

と言って、1週間に1度買い出しに行って、

冷凍庫がパンパンになるまで食糧を買い込む派でした。

 

アメリカではガレージ(駐車場)の中に、

予備の冷凍庫がありそこにお肉など

大量にストックしておく文化があるので、

買い込み派の行動はアメリカ人ならではなのかも知れません。

 

日本に住んでいるときは、コストコに行くと

買い込み派の血が騒ぐのでしょうか、

もうあれもこれも買い込むという行動は、

同棲して知りました。

 

「こんなに買って使い切れるの?」

と尋ねると、アメリカ人は論理的な部分があるので、

 

「近くのスーパーで買ったら〇〇グラムで△△円でしょ?

ということは、この大きさの肉の塊は〇〇〇グラムあるから、

トータルで△△円もお得ということだよ。安いよ。」

と、丸め込まれ(?)て、買い込み派になってしまいました。

 

参考記事:国際恋愛での同棲を成功させる驚きの5つの秘訣とは?

まとめ

 

デートする相手がアメリカ人となると、

「変なこと言って嫌われたらどうしよう」と、

初めてのデートは緊張しますよね。

 

でもアメリカでは「相手に本心をさらけ出すことはとても重要」

という認識が普通にまかり通っているので、

相手と違う意見であっても、そこにきちんとした

根拠と理由があれば相手もちゃんと聞いてくれることと思いますよ。