ほんの数十年前までは大型旅客機もなく、

海外への渡航はそれはそれは大変なものだったと最近知りました。

 

海外旅行が身近になった今、

国の垣根を越えて恋人同士になる人も

少なくありませんね。

 

私の周りには国際恋愛カップルが何組かいますが、

無事に結婚までたどり着いて幸せに暮らしているところもあれば、

残念ながら別れてしまったカップルもあります。

 

私は日本で今のオーストラリア人の主人と出会い、

交際歴数ヶ月で結婚したので国際恋愛での失恋は経験していませんが、

どんなことが原因で失恋してしまうことが多いでしょうか。

 

国際恋愛で失恋してしまう4つの理由とは?

遠距離恋愛になってしまった

 

スマートフォンが普及してきて、

顔を見ながら通話するのも

とても簡単にできるようになりました。

 

海外に行ったときに出会って恋人同士になって、

日本に帰ってきてしまっても連絡がとれれば愛は冷めない!

 

といった方々もいるかもしれませんが、

それが別れの原因になってしまうことも少なくないようです。

 

遠距離恋愛でも、頻繁に会うことができなくても、

お互い信頼しあい、ストレスなくすごしていければ続くかもしれませんが、

国を隔てては簡単に会うこともできません。

 

不安からすれ違いが生じて、失恋してしまうことが多いようです。

 

遠距離恋愛って難しいですよね。

できればやっぱり会いたいときに会える距離でいて欲しいと思ってしまいます。

 

遠距離になってしまうなら一緒に住もう!

と逆に後押しされて結婚するパターンもありますが、

また引っ越ししたりビザの手続きもろもろとエネルギーのいることですから、

消滅してしまうのも仕方がないのかもしれません。

 

参考記事:日本人が驚愕するフランス人男性の恋愛観とは!?

もともと恋人にまで昇格できていなかった

 

主に欧米人がもつ文化でデーティングというものがあります。

 

恋人になる前のお試し期間のようなもので、

デートしたりまたは身体の関係を持ったりして

恋人どうしになる前に相手をよく知っておこうと考えるのです。

 

とくに「付き合ってください」などと

恋人始めましょう宣言をしない文化のため、

ハグしたりキスしたりすることがあっても

相手にとってはまだ本命になれていないことも!

 

さらにデーティング期間は他の複数の異性とも

同じようにデートしたりしているわけで、

日本の感覚からしたらただの都合の良い彼氏彼女状態!

 

外国人は恋人同士の関係になると必ず

友達や職場にまで公にして、自分の恋人を紹介します。

その為に恋人にふさわしいかどうかよく見極めるのです。

 

なのでこっちは恋人気分でも、まだ恋人未満な可能性がありますし、

ほかの異性とデートしているのを見てしまうかも。

 

お互いを充分に知れているにも関わらず

まだこの関係を続けているのであれば、

ただ曖昧な関係に甘えているだけなので、

もう失恋していると思って次に進んだ方がよさそうです。

 

参考記事:アメリカ人の「付き合う定義」とは?日本人彼女の悩み「私は彼女なの?」

期間限定でのつきあいのつもりだった

その国にきた目的を果たしたら自分の国に帰国して、

遠距離恋愛をするつもりは無い場合もあります。

 

外国人からしたらそれを付き合う前に

伝えてくれる誠意のある人もいますが、

そうしてくれないで帰ったら

音信不通になってしまうこともあるようです。

 

もうこれは人として常識外れなダメ人間を

選んでしまった悲しい結末ですね。

 

たまに自国で全くモテないから外国で遊んでやろう

というタイプの人もいますから、

外国人だからカッコいい!可愛い!というフィルターを外して、

人間性そのものをよく判断して恋人を選んでいきたいです。

 

参考記事:国際恋愛を成就させるアラフォーならではのテクニック

立ちはだかる文化の壁

 

国際恋愛での失恋では、

やはり文化の違いが原因になることが多いようです。

 

中でも宗教の文化の違いは、

ほぼ無宗教派となっている日本人からしたら

理解できないことも多いのです。

 

イスラム教では食べられない食品やラマダンという断食期間がありますし、

さらに1日5回のお祈りの時間があります。

 

タイに旅行にいった際には、デパートの中に

イスラム教の方用のお祈り部屋がトイレと同じくらい

たくさん設置されているのを見つけました。

 

キリスト教では厳格なクリスチャンだと

結婚前にはキスもできないなどの決まりもありますし、

恋人になるには自分もクリスチャンになってほしい、

とお願いされる場合もあります。

 

またそんな外国人からしたら、

日本の儀礼やしきたりに合わせることが宗教的に許されず、

すれ違いが生じてしまうこともあります。

 

私の知り合いでネパール人の彼氏さんと付き合っていた人がいます。

 

日本でくらしお互い良い年で一緒に住んでいたにも関わらず、

なかなか結婚しませんでした。

 

そして結局失恋してしまい

どうやら宗教上で結婚することができず、

別れを選択するしかなかったとのこと。

 

日本人からしたらあまり知識の無い宗教ですが、

国際恋愛をする上で理解しなければならないことですね。

 

参考記事:これが国際恋愛詐欺!?その手口と対策を大公開

さいごに

日本ではびっくりするような失恋の原因がたくさんありました。

 

どちらにせよ外国人と恋愛をするには

お互いをよく理解しあって、

柔軟にものごとを受け入れる姿勢が必要そうです。

 

また国際恋愛で失恋してしまっても、

それこそ相手の国の文化や価値観によって

得られた経験は人生の宝となるでしょう。

 

経験値を増やせたと考えて次の幸せに繋げていきたいですね。